古いEC-CUBEをレスポンシブデザインで作り直したいなら・・・

現在ちょっと古いEC-CUBEでネットショップを運営していて、自分のEC-CUBEがスマホやタブレットでPCサイトが縮小されるだけの非レスポンシブで運営していると、GoogleのサーチコンソールでもGoogleの検索結果でもスマホ対応じゃないと怒られる始末。

Googleで怒られる場合は検索順位にも影響してくるのでレスポンシブじゃないサイトについては早めにレスポンシブ対応にした方が良さそうです。

Googleのエラーを解消する方法として、

EC-CUBEをバージョン2.13.5にしてPCとスマホテンプレートそれぞれをつくる

現在バージョンが2.4や2.12以下を使っている場合は最新の3にするのではなく、ひとつ古い安定板の2.13.5のバージョンにバージョンをあげ、さらに2.13系はPCとスマホ・携帯のテンプレートそれぞれを作って表示させることができるため、レスポンシブではないですが、スマホではスマホテンプレートで作ったデザインが表示されるため、Googleにもスマホ表示対応していると見なされエラーは解消できます。

デメリットは複数のテンプレートデザインを調整する必要あるため、PCのみのテンプレート作っていた頃よりも作業に時間がかかってしまうこと。逆に言うと時間はかかりますが、それぞれのテンプレートを細かく表示調整できるので、バナーや文言の配置をPCと変えたい場合はどには適しています。

EC-CUBEをバージョン2.13.5にしてレスポンシブテンプレート導入

バージョン2.13.5でPCとスマホテンプレートそれぞれつくるのが億劫な場合、3系のようなレスポンシブテンプレートを導入し、PCひとつのテンプレートを調整するのみで、PC・スマホ・タブレットの表示が自動で切り替わるレスポンシブ対応にすることができます。

デメリットは更新する時、少しレスポンシブのHTML知識が必要ですが一度構築してしまえばそこまで難しくないので少し知識があれば対応できるとおもいます。

EC-CUBE3にバージョンアップ

もう一つの方法はEC-CUBE最新版の3系にアップグレードすることです。現在2系使っている方でも弊社では2系の商品や受注、顧客データをそのままアップグレードする代行しておりますのでデータさえ移行できればあとはデザインを調整するのみ。

上記いずれの手法も弊社で対応しているので、まだ決まっていない場合でもお見積りいただければそれぞれのお見積りをお出ししますのでお気軽に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です